土地売却に関する豆知識

土地売却を進めるには手順が大切です。しかし、初めての土地売却となると「一体何を準備すれば良いか分からない…」と不安になるものです。そこで、こちらでは土地売却に必要な書類についてご紹介いたします。スムーズに売買契約を行うためにも、事前に必要書類をしっかり揃えておきましょう。

売却を依頼する時に必要な書類

土地売却を不動産会社に依頼する場合、登記簿謄本・購入時の売買契約書・土地測量図・重要事項説明書・図面や設備の仕様書・固定資産税納税通知書などが必要です。そして、これらの書類を参考にしながら、不動産会社は関連資料を作成します。早期に買い手を見つけるためにも、まずは書類をしっかり揃えて、広告内容を充実させることが1番です。

土地を引き渡す時に必要な書類

売主様が用意するもの

売主様に揃えていただきたい書類は、身分証明書・実印・住民票・印鑑証明書・銀行口座の通帳などです。住民票と印鑑証明書は3ヶ月以内に発行したもので、実印に関しては認め印を使用することはできません。また、土地を共有している場合は、共有者全員の実印が必要になりますので、忘れないよう準備してください。もしも住宅ローンを利用している場合は、ローン残高証明書も忘れずに用意しましょう。

不動産に関するもの

土地を引き渡す時に買主様に渡していただきたい書類が、登記済権利書・建築確認済書・建築設計図書などです。登記済権利書とは、物件の真の所有者を証明する書類で、法務局から貰うものになります。
建築確認済書とは、建築基準法に満たしている物件なのか証明するための書類で、建築設計図書は物件を将来リフォームする時に役立つ書類です。その他にも、物件を購入した時のパンフレットや、設備に関する資料があれば買主様に渡しておきましょう。

当社は地元の熊本市に密着した不動産会社です。最良のご提案をさせていただくために、売主様に寄りそって全力でサポートいたしておりますので、仲介売却・任意売却をご検討中の方にはおすすめです。
また、当店ではお客様の物件を直接買取する「即時買取サービス」を行っています。

早く手元に現金が必要な方にとっては最適なサービスになりますが、売れなかった時に備えて買取保証もいたしておりますので、安心してご利用いただけます。無料査定も行っておりますので、土地売却に関するご相談がある方はお気軽にお問い合わせください。