住宅売却に準備すること

不動産を所有していれば毎年税金が課せられるのはご存知だと思いますが、売却した時にも税金が課せられるのです。一般の住宅売却でも税金が課せられるので、売却希望価格の決定など慎重に行わなければなりません。せっかく売却するので利益も残したいですし、売却が決定した後も準備しなければいけないことがあるので、情報を集めながらしっかりと準備しましょう。

新しい居住スペース探し

住宅を売却する時は既に新しい居住スペースに暮らしている方もいますが、売却する住宅に住みながら売却手続きを進めている方もいます。急に売却が決まり新しい居住スペースを無理やり決めてしまうことで快適な生活が送れなくなる場合があるので注意しなければいけません。業者と仲介売却で行うのか、買取にしてもらうのかしっかりと話し合い、買い手が決まった時の引き渡し時期などもしっかりと話し合って進めていくことが大切です。

譲渡所得の存在

住宅売却など不動産を売却して所得を得ることを譲渡所得と言います。この譲渡所得にも税金が課せられてしまうのです。給与所得などとは分離して計算を行わなければなりませんし、短期、長期などもあるため税率も変わってきます。不動産を売却し譲渡所得に課せられる大体の税金を把握していれば、売却の希望価格を決める時にスムーズに決定できます。

確定申告の準備

譲渡所得が発生した翌年には確定申告が必要になってきます。税金が課せられているのにもかかわらず申告を行わなかったり、申告を忘れていたりするとその分延滞税が発生する場合もあるので、申告期限内に行えるようにしっかりと準備しましょう。譲渡所得が発生しなかった場合 (取得価格よりも売却価格の方が低かった場合)でも税金が還付される場合があるので、税理士と相談しながら行うことをおすすめします。

熊本市住宅売却を検討している方は無料査定を行なっている当社へお気軽にご相談ください。
お客様の大切な物件の買い手が決まるまでしっかりとサポートいたします。
仲介売却や買取、任意売買まで対応しており、買取の場合は諸費用なども当社で負担しています。
引っ越しの日程もお客様の希望に合せることもできますので安心してお問い合わせください。