競売の恐ろしさ

住宅の購入というのは人生の中でも高価な買い物です。そのため、ほとんどの方が金融機関と住宅ローンを契約して購入を行なっています。もちろんローンの支払いを見込んで購入をしますが、人生には何が起こるか誰にもわかりません。

ケガや病気で収入が一時的になくなりローンが支払えなくなる場合もありますし、その他も考えられます。その際は任意売却という方法で住宅を手放すこともできますが、手続きが遅くなると任意売却ができなくなり競売に出されてしまうのです。ここからは競売の恐ろしさを紹介します。

任意売却と競売の違い

任意売却も競売もローンの支払いが滞り住宅を手放すことに違いはありませんが、一番重要な販売価格に違いが出てきてしまうのです。任意売却の場合は、買取や仲介業者などに査定をしてもらい、なるべく高く買い取ってもらうことができます。しかし、競売に出されてしまうと売却価格が相場よりも低い価格で売りに出されてしまうのです。もちろん拒むことができないのも恐ろしいところです。

近隣に情報が広がる

競売になると住宅の情報が新聞や住宅情報誌、インターネット、裁判所でも物件の情報を公開されてしまいます。ただでさえ不安を抱えている時に、近所にも競売になったことが漏れてしまうと心理的にも負担がかかってしまいます。

タイミングが大切

競売は急に行われるわけではありません。前もって金融機関などから通知や電話などで連絡がきます。
このタイミングを逃さずに行動を起こすのが大切なのです。この通知などを無視してしまうと任意売却という方法が取れずに競売となってしまうのです。競売になる前であれば、金融機関との毎月の支払額を減額の相談などもできますが、競売になってしまうと何もできなくなってしまいます。

売却価格も低い上、多額のローンが残ってしまうと最悪な場合は毎月の給料や資産が差し押さえられたり、強制退去や自己破産という手続きに追い込まれたりもします。そのためローンの支払いが滞りそうな場合は売却という方法も考えながら計画を立てるといいでしょう。

熊本市で不動産の売却を検討している方はお気軽に当社へご相談ください。
不動産の仲介売却や買取を行なっており無料査定サービスも提供しています。
任意売却についてもお気軽にお問い合わせください。タイミングが重要になってくる任意売却のメリットの説明や、大切な住宅を高い価格で売却ができるようにしっかりとサポートいたします。