土地売却の基本的な知識

土地を売却する場合、損のない売却を行いたいのではないでしょうか。
しかし、土地売却は頻繁に行うものではないため、売却の手続きをどう進めたら良いのか分からない、という方も少なくはありません。こちらでは土地売却に関して大切な基本の知識についてご紹介いたします。土地売却をお考えの際は、ぜひ参考にしてみてください。

「買取」と「仲介」の違い

土地を売却する方法は、「買取」と「仲介」の2種類に分けることができます。
「買取」は、不動産会社に土地を直接売却する方法のことです。
一方の「仲介」は、売却する土地の購入希望者を、不動産会社に見つけてもらう方法を指します。

「買取」の場合、「仲介」と比較すると価格は下がる傾向にあるものの、早めの売却が可能です。
急いで土地売却を済ませたい場合などに適しています。「仲介」は比較的高い価格での売却が可能で、売主様の要望を反映しやすいといったメリットがあります。

適正な土地価格

土地売却の大きな悩みとして挙がるのは、販売価格を決定することです。
土地は少しでも高い価格で売却したいと思うところですが、土地に見合わない高すぎる価格を設定すると買い手が現れず、売れないというケースも考えられます。

しかし、確実に売却しようと適正な土地価格よりも低い価格を設定すると、売主様の手元に残る現金が減ってしまいます。売却する際の価格は非常に重要なものです。適正な土地価格で売却する場合は、不動産買取業者などのプロにご相談ください。土地の適正価格を把握できるだけでなく、相談しながら販売価格を決定できます。

土地を相続したがそのままにしている、手放したい土地があるなど、土地売却をお考えでしたら、熊本市にある当社をご利用ください。当社は熊本市および熊本県全域にて、任意売却や仲介売却など皆さまの不動産売却をサポートいたします。地域に密着し、これまでの培った経験を活かした迅速な対応が可能です。もしものときに備えた買取保証もございます。無料査定も行っておりますので、不動産売却の際はぜひ当社をご利用ください。