住宅ローンが残っている
住宅売却について

家庭環境の変化や仕事など、様々な理由で家の買い替えを検討することがあります。
ただ、家は高額な買い物なので、多くの方が購入時に住宅ローンを組みます。
この住宅ローンは長期にわたって支払いが必要なため、完済しない限り住み替えは困難と考える方も多いと思います。実は住宅ローンが残っていても住宅売却は可能です。

抵当権の抹消が必要

住宅売却を検討する際、抵当権の抹消が必要です。抵当権がついたままだと、ローンの返済が遅れた場合に対象物件が競売にかけられます。このような物件は買い手がなかなか現れないため、住宅ローンを完済して抵当権を抹消します。しかし、住み替えが必要になった場合、住宅ローンの完済をすぐに終えることは難しいです。このような場合に残った住宅ローンが活用できます。

残った住宅ローンの活用方法

住宅ローンが残った状態で買い替えを行う場合は、まず現在の住宅を売却し、その際に得た売却金を残った住宅ローンの完済に充当します。また、新たな住宅ローンを組む際に上乗せして利用することもできます。住宅の購入費用に充てるだけでなく、現在の住宅ローンの金利と比べ、低金利の住宅ローンを組めるといったメリットがあります。

気をつけたいポイント

家を売却する際に、住宅ローンよりも査定額が大きければ問題はありません。
しかし、場合によっては査定額よりも、住宅ローンの残高が大きいケースがあります。
この場合、不足金額分を自分で用意しなければいけません。土地によっては売却額が住宅ローンの残高に満たない、といったケースも少なくありません。事前にローン残高を確認し、どのくらいの額で売却できるかなど、シミュレーションしておくことが大切です。

当社は熊本市にて、不動産売却のサポートを行っております。
豊富な知識と経験をもとに、お客様の大切な不動産をご要望に添った形で売却できるよう、お手伝いいたします。仲介売却や任意売却、買取に対応しています。買取保証、無料査定も行っておりますので、不動産売却でお困りの際はお気軽にご相談ください。