任意売却

住宅ローンでお悩みの方に~任意売却~

住宅ローンは返済能力を審査して貸し出される融資
なので、借入した当初から返済がとどこおる方は
ほとんどおられません。しかし仕事や家庭環境の変化、
病気、ケガ、不況による年収の下落といった不測の
事態によって、ある日突然、ローンが支払えなくなる
ケースも起こりえるのです。

住宅ローンの返済ができずに滞納し続けると、やがて
競売にかけられ、せっかくの物件を不利な条件で
手放さなくてはなりません。そうなる前に「任意売却」
という手段を選択し、残債を減らして生活を再建
しましょう。「任意売却」は自分の意志で物件を売り、
その代金で住宅ローンを返済する方法です。

任意売却の流れ

フローレンスがお客様の任意売却をお助けします!

状況別お悩み解決法

住宅ローンの返済にお悩みになったら、当社にご相談ください。お客様それぞれの状況に合わせ、 解決法を
ご提案。不動産売買の実績が豊富な当社が、債権者様との面倒な交渉や、売却にともなう手続きを代行
いたします。

  • 住宅ローンを滞納しそうな方、滞納している方
  • 督促状(支払い通知)が届いた方
  • 催告書(代位弁済通知)が届いた方
住宅ローンを滞納しそうな方、滞納している方

住宅ローンの支払いが困難になったら、すぐに熊本市の不動産売却「フローレンス」にご相談ください。
「滞納したけど、まだ何も連絡が来ていないし」「来月には払えるかも」などと、問題を先送りして
しまうと、選択肢がせばまり、物件を手放さなくてはいけない可能性が高まります。

図

既に滞納している場合でも、早い段階であれば複数の選択肢をご提案することも可能です。
場合によっては自宅に住み続けられるケースもあるので、滞納前の段階でも早めにご相談ください。

督促状(支払い通知)が届いた方

住宅ローンの返済を滞納すると、まず督促状が郵送されてきたり、
督促の電話が入るようになったりします。滞納期間が短ければ競売にかけられたり、
一括返済を迫られたりする可能性はあまりありません。しかし滞納してしまった以上、
それらが目前に迫った状態であることは確か。まずは当社にご相談ください。

図

住宅ローンは滞納して1~3ヶ月くらいが経過すると「督促状」が届き、電話などで今後の
支払いについて話し合いを求められます。まずは支払期間の延長など、リスケジューリングで
毎月の返済額を減額する交渉をしてみましょう。

滞納から3~6か月すると、「催告書」が届いて分割支払いの権利を失い(期限の利益喪失)、
そのままだと物件が強制執行で競売にかけられます。自宅を失う上に、ご近所に競売に
かけられた事実が知れ渡ることは、心理的に大変な負担です。

任意売却は、この段階で債権者の合意を得れば実行できます。一般市場で売却するためご近所に
事情が知られることはありません。売却価格は市場の相場を考慮しつつ、最終的に債権者が
決定します。

催告書(代位弁済通知)が届いた方

住宅ローンの督促状が届いても滞納状態が続くと、催告書(代位弁済通知)が届き、分割支払いの権利を
失います(期限の利益喪失)。すると銀行などの金融機関は、保証会社などの債権者に融資残高の全額と
利息、遅延損害金を合わせて一括で請求。保証会社は全額を返済(代位弁済)します。

図

代位弁済がすむと、債権者は催告書・代位弁済の通知書によって、支払った金額をローン返済者様に
一括請求。同時に「この金額が払えなければ、法定手続きにより請求する(=競売手続きする)」
という旨も通知してきます。この段階が、競売を回避する最後のチャンスです。

「督促状」と「催告書」は同じような文面ですが、「催告書」は競売に向けた手続きを始めるサインです。
見逃さないよう対処しなくてはいけません。競売を避け、少しでも有利な条件で物件を売却するために、
任意売却を希望することを債権者(保証会社など)に伝える必要があります。当社がお手続き
いたしますので、すぐにご相談ください。

物件が競売にかけられると家を失うだけでなく、ご近所にも状況が知れわたり、心理的に大変な
負担がかかります。一方「任意売却」すればそれを避けることができる上に、競売よりも有利な
条件で売却でき、残債務が減るので債務者にとってもプラスです。

競売では手続きから落札まで3ヶ月以上がかかり、落札価格も市場の相場より3~4割低く
なります。そのため多くの場合、債権者としても競売を回避し、一般市場で売却したいと考えて
いるのです。ただし金融機関から「任意売却」を提案してもらえることは、ほとんどありません。

今後の人生を考えるうえで、競売と任意売却には大きな違いがあります。間に合うタイミングを
逃さず、当社にご相談ください。

任意売却のメリット

競売より高く売却できる
競売では、相場よりかなり低い価格で物件が売却されるため、多くの場合売却後も多額の債務が残ります。
任意売却であれば競売よりも多くの額を返済することができ、残債返済の負担が軽減されます。
債権者との交渉が可能
競売の場合は交渉できませんが、返済額の減額や返済方法の見直しなど、債権者との交渉が可能です。
残債についても相談可能
任意売却は競売より早期に処理でき、回収額が多いというメリットがあるため、残債の返済についても債権者が
相談を受けてくれる可能性が高まります。
受け渡し時期の相談が可能
競売だと立ち退きを迫られるケースもありますが、任意売却では受け渡し時期の相談が可能です。
引っ越し費用を債務者から出してもらえるケースもあります。
ご近所に知られてしまうリスクがない
競売物件はチラシやインターネットで公開されるため、ご近所など周囲の方に状況が知れ渡ってしまいます。
任意売却なら仲介売却と同じように物件が取り扱われるため、周囲に状況が知れわたるリスクがありません。

任意売却の10のステップ

  1. ご相談

    お問い合わせフォームもしくはお電話にて、まずはお気軽にご相談ください。
    できるかぎりよい条件で売却できるよう、お客様のご要望をお聞きするとともに、売り出す
    タイミングなどをプロの目線からアドバイスいたします。
    お問い合わせ番号:096-312-8210

  2. 打ち合わせ

    お客様の詳しい状況をおうかがいするとともに、任意売却や競売などの進捗状況をご説明します。

  3. 債務状況の調査

    お客様の債務や、返済状況などを調査します。

  4. 専任媒介契約

    販売活動をすすめるため、専任媒介契約を結んでいただきます。

  5. 現地調査

    物件を現地で確認し、詳細に調査。市場価格などもお調べします。

  6. 債権者交渉

    債権者との交渉をすすめていきます。

  7. 抵当権解除

    債権者の合意を得るとともに、競売や抵当権の解除といった手続きをすすめます。

  8. 不動産売買契約

    買主様との不動産売買契約を締結します。

  9. 物件の引き渡し

    お引き渡しまでに、お引っ越しをしていただきます。

  10. 完了

    債権者の了解を得て、競売申し立てを取り下げます。